先輩社員

&PEOPLE

経営者の良き相談相手として、
頼りになる存在でありたい。

主任 業務第一部
S.H.31歳

一つひとつの担当先に
じっくり向き合いたい。

前職は地方銀行に勤務し主に渉外担当として、融資先の開拓や既存融資先のサポート業務を行っていました。しかし銀行は金融商品や担当企業数が多く、格付・自己査定により与信スタンスを短期間で変更せざるを得ないこともあって、融資先とじっくり向き合うことが難しく歯がゆさを感じていました。
そんなとき、経営者に近い立場で長くお付き合いができ、投資先の成長発展のお手伝いに注力できる環境が整っているなど、共感できるところが多くあった投資育成に、縁あって中途採用として入社しました。
社員数がそれほど多くないので、会社の方針や考え等を汲み取りやすいフラットな組織です。報告すべきことや相談すべきことをスピーディにやり取りすることができ、機動性は高いですね。同僚同士も、投資先で起こった事象や各種情報について、活発に意見交換する文化があり、自分の考えや意見の共有化や具現化がしやすい環境です。

任せてよかった、
と言われるために自分を磨く。

現在は業務第一部に所属し、愛知県の名古屋市内を担当。成長意欲の高い企業様や地場の優良な中堅・中小企業様に日々訪問し、経営者の方々との意見交換や情報提供を通じてニーズ把握を行い、当社の投資スキームを活用した資本政策の立案や様々な経営課題の解決に向けたサポートを実施しています。
経営課題は財務会計、税務、法務、労務など幅広く、サポートが求められることは多岐に渡ります。情報収集はもちろん知識習得など自己研鑽は常に欠かせませんが、「投資育成に任せて良かった!」と言って頂けるような信頼されるパートナーを目指しています。
印象に残っているのは初めて新規投資をしたときのこと。入社後半年という業務経験が乏しい中での新規投資で、手続きの進め方や投資に向けた審査、契約書類の作成など分からないことが多くて苦労しました。それでも上司や同僚からの手厚いサポートで、無事に初投資を実行できたときは、この仕事ならではの喜びとやりがいを感じました。

チャレンジ精神で
地域の経済を盛り上げる。

投資育成は業務の進め方をある程度、自分自身でコントロールすることができる為、プライベートとの調整はしやすく、前職よりも家族と向き合う時間が増えたと実感しています。また、現在、中小企業診断士の資格勉強を行っており、自己研鑽に充てる時間も十分確保することができ、ワークライフバランスの取りやすい環境です。
今後の目標は、地元に根付いた国の政策実施機関として、当地区のより多くの中堅・中小企業に投資育成の良さを知ってもらい、投資先を1社でも増やすことを通して、当地区の経済を盛り上げていくこと。そのために、私が大切にしている「コミュニケーション」「クイックレスポンス」「チャレンジ精神」の3点を常に心がけ、お客様のニーズ把握は勿論のこと、社内においても様々な意見や考えに耳を傾け、最適解の追求に努めています。また、闇雲に時間をかけて行動するのではなく、予め自分なりの着地点と道筋を定め、無駄なく迅速な対応を心掛けています。最後に、何事も経験と考え、「とにかくやってみる!」精神で、様々な業務に積極的にチャレンジしていきたいですね。

1日のスケジュール

  1. 起床
    新聞を読みながら朝食を済ませ、子供を保育園に送ってから出勤します。
  2. 出社
    出社後は新聞で投資先企業の記事やメールのチェックをします。
  3. 始業
    当日の企業訪問の準備や、開拓先との面談アポイントを取る為の電話やメールをします。
  4. 企業訪問
    開拓先企業の社長と面談。先ずは弊社の概要から活用事例などを説明し、弊社を知ってもらうことから始めます。その後、開拓先が抱える課題やニーズに合わせた提案に向けて、情報提供をしながら打合せを重ねます。
  5. 昼食
    会社の近くにあるお店に上司や同僚と向かい、情報交換をしながら昼食を取ります。
  6. 渉外先訪問
    金融機関や税理士事務所などの外部機関を訪問します。弊社の概要や活用方法などを説明し、取引先や顧問先企業の課題やニーズの解決に貢献できないか意見交換をします。
  7. 帰社
    面談の結果を部長に報告し、訪問したお客様と話した内容を、面談記録に残します。また、開拓先に対する投資提案書の作成やお客様から頂いた宿題の調査など、次回訪問に向けた準備をします。
  8. 退社
    帰り道のカフェに寄り、中小企業診断士の資格勉強に取り組みます。
  9. 帰宅
    子供と一緒に入浴した後、ゆっくり食事を取ります。また、体力アップの為にランニングをするなど、リフレッシュする時間に充てます。
  10. 就寝
    しっかりと寝て翌日の仕事に向けて疲れを癒します。